毛穴の詰まりとストレスの関係

毛穴の詰まりとストレスの関係

仕事が立て込んでいるときなど、鏡を見ると顔が赤くなったり、湿疹ができたりしますよね。
また、寝不足で迎えた朝は鏡の前を避けたい人もいるかもしれません。
やはり、肌トラブルの起きた顔を見るとマイナーな気分になってしまいます。
しかし、自分の健康状態を知るためには、定期的に鏡を見ることも必要ではないでしょうか。

 

肌トラブルが起きる原因はいろいろですが、やはり、ストレスの存在は大きいといえます。
イライラしたり、腹立たしいことが起きたりすると、なにかに当たりたくなりますよね。
また、甘い物を食べたり、お酒を飲んだりする人もいるかもしれません。
もちろん、飲食物を口にすることでストレス解消になりますが、度を過ぎると体を壊しますので、適量を心掛けることが大切なポイントといえます。

 

ストレスを感じたとき、無意識のうちに頭や顔をいじる人もいると思います。
また、気になる場所を潰したくなる人もいるかもしれませんね。
毛穴の詰まり、いわゆる「角栓」も対象になります。

 

しかし、無理やり潰すと肌トラブルを引き起こすことから、毛穴の詰まり除去方法としてはおすすめできません。
また、毛穴の詰まりをつくらないためには、気分転換するなどストレス解消方法を見つけることが大切ではないでしょうか。

 

ストレスを感じているときは交感神経が働いているため、リラックスした状態とはほど遠くなります。
もちろん、適度なストレスが必要な場面もあります。
しかし、ずっと緊張した状態が続くと慢性的な疲労が抜けなくなりますので、自分のなかでスイッチの切り替えをすることをおすすめします。